レディ

いざという時に!キャッシングで借りたお金の返済方法

  1. ホーム
  2. 返済と利息

返済と利息

カード

利息・利子

キャッシングで7万円借りたとしましょう。その時、返す時は7万円支払えばそれで終わりというわけではありません。借りたお金には、基本的に利息・あるいは利子と呼ばれているお金を払わなければなりません。これは簡単にいえば手数料のようなものであり、金融機関はこの手数料をもとに会社を経営しているのです。キャッシングで悩んでいる人は、この利子や利息という言葉に少し恐怖を感じるのではないでしょうか。ドラマや漫画だと、いわゆる高利貸しの金融機関が存在し、借りたお金の何倍もの額を返済しなければならないと思っている人も多いです。しかし、もちろんそんなこと現実でそうそうありえることではありません。現実での利息というのは10日で一割などというようなとんでもない額ではなく、きちんと常識の範囲内での利子・利息となっています。また、利子・利息は年単位での計算となり、決して日単位で請求されるものではないということも知っておきましょう。

返済金額の計算

利子・あるいは利息の計算方法は、「借りた金額×その金融機関の金利÷365×借りた日数」となっています。例えば、金利が20%のところで10万円借り、一ヶ月後に全額返済する場合は100万×20÷365×30となります。計算が難しい場合は、基本的にキャッシングサービスを行なっている金融機関のサイトなどに繊細シミュレーションツールが備え付けられていることが多いので、そこで入力すれば利息分も含めた返済額がわかります。また、はじめての場合は30日以内なら無利息でのサービスを行なっているところもあるので、金融機関は吟味して選びましょう。返済方法ですが、ATMなどで返済できる他、直接金融機関でも返済できたりと、返済方法は様々です。また、返済方法によってキャッシング額が変更するということもないので、一番返しやすい返済方法で返済しましょう。